してしまえば

好きな人がいます。
でも、彼には彼女がいます。長く交際しているのは知っています。
だって彼女とは知り合いだから・・・
ひとなつっこい彼女。私にも話しかけてきては、ひとり楽しく
話をしています。
その内容も、彼のはなしばかり。
だからはっきりいって、私はむかついています。
彼女よりも私のほうが、彼のことを好きだ・・
ほんとうにそう思うのです。

どうにかして彼女から彼をうばいたいと考えました。
それには、自分からがんがんいくしかないと思いました。
その日、私は誘ったのです、彼を。
大事な話があるというと、彼はきてくれました。
別に大事でもない話を彼にしながら寄り添ってみると
肩に手をまわしてくれました。

これはチャンスだと思った私はキスをしました。
「抱いてくれる?」
彼はだまったまま私をベッドに連れていきましたが、このまま抱かれても
いいのかと思いましたが、そのまま絡み合いました。
好きな人に抱かれて夢のようでした。
体を触ってもらって感じていました。濡れた陰部はいつまでも
乾くことはありませんでした。

舌が這い出すと、さらに感じていました。
結局、彼とセックスしたあとには、気持ちはすっかり冷めて
しまっていたんです。
結局、一度セックスしてしまえば、気が済んでしまいました。

Copyright(c) 2014 優良の逆援交サイト~peter-pitsch-schriftsteller~ All Rights Reserved.